採用間違いなしの人材採用チェックポイント

企業や団体が求人を出すさい、大きく分けて新卒採用と中途採用とがあります。前者に関しては計画的に行なわれ、採用後には決めたれた手順にのっとって研修プログラムを課し、新入社員教育を実施します。後者に関しては計画的にというよりは、事業の拡大によって随時必要となる人材を求めることになります。そして後者の場合には、一般的には新入社員を採用するときのような研修プログラムは実施されませんので、即戦力として通用する人材採用を考えるのは当然のことです。それでは採用側は、ごく短期間のうちに応募者をどのように判定して採用とするのでしょうか。以下は、求人側がイメージする中途採用者とそこに応募する側とのギャップを埋め、「採用されるため」の戦略を検討するものです。

求人側は採用されるべき人のイメージを最初から既に固めている。

企業や団体が求人を出す際には、それが中途採用である場合、このような人でないといけない、というイメージを既に固めているものです。そのため沢山の応募があっても、そのイメージに合致するかどうかで見極めます。それでは求人側のイメージとはどういうものでしょうか。
チェックポイントはまず第一に、即戦力となる経験や知識・スキルを有していること。第二には、円満な性格でチームプレイに徹することができること。そして第三には、ストレスへの耐性があること、になります。
人材採用にあたっては、まずは書類選考を行ないます。そのため応募する側は、履歴書と職務経歴書を適切に作成し、第一の関門、すなわち即戦力となる人材であることをアピールします。履歴書は過去の経歴を淡々と記すだけですので、職務経歴書に力を入れましょう。前職までの経験の中で、採用側が重視するであろうポイントをいくつか絞り、具体的な業績などを記してアピールします。

書類選考にパスして面接に挑むときの心構え

人材採用側の思惑は先述の通り、即戦力・円満な性格でチームプレイができる・ストレスへの耐性がある人材を求めています。書類選考で即戦力になりうることが認められた場合、次の段階では面接を受けることになります。
面接の場で緊張してしまうと、適切な受け答えができないことがあります。しかし採用側はあくまで応募者の「人物」を見極めようとしているので、当意即妙に「上手い答」を返す人を好むとは限りません。そのため過去の仕事や応募する企業で必要なスキルにまつわる問いには適切に答えるべきは当然ですが、その他の問題に関しては正直に落ち着いて対応ができれば大丈夫です。
心構えとしては、年下の上司にも敬意をもって接する、仲間を先輩として接する、などができる円満な性格を伝えることを意識しましょう。また仕事はチームで進めるのだという哲学を理解していること、更にストレスを問題意識に転化して解決する意欲を示せられれば良好です。

外国人の採用をしたい企業にも安心! 当社は課題が見え、採用が増える支援システム「ハイソル」を運営しています。 当社では電話応募の受付を代行するサービスも行っています。 良い人材を採用し長く定着し活躍してもらえる流れをつくるためのサービスを提供しております。 ポイントと電子マネー付与による成功報酬型の人材採用サービスで求人媒体のコストを削減することができます! 出稿のコストの削減が可能です。 人材採用の支援サービスならHRソリューションズ