人材採用に関わる大事なチェックポイント

人材採用で勘違いされがちなのは、その時点で優秀な人を採用しなくてはならないということです。そのため、高学歴であったり、今までの経歴が立派だったり、資格を数多く持っていたりする人が有利というように考えられていますが、実際はそれだけで人材採用が行われるわけではありません。
その会社にとって優秀かどうかは、今までの実績、経歴、取得した資格だけでは判断できません。結局は、その会社の社風や将来的なビジョンに合致した人物が優秀ということになります。これだけの経歴であれば大丈夫と思っていても、いざ入社してこんなはずではなかったと思うことが採用する側される側双方に出てきてしまい、ミスマッチとなります。そうしたことのないよう、採用段階ではいくつかのポイントから厳しく判断していくこととなります。

受け答えがしっかりしているかどうか

会社に入ると、すべて自分の判断で動き、営業を仕掛けるといったことはまずあり得ません。最初は先輩などにくっつき、仕事を覚えたり、会社が何をしているのか把握したりしてから独り立ちとなります。この際、意識の低い部分などを徹底的に矯正されますが、この時に受け答えがしっかりしていないと、指導する側が不安に感じますし、指導される側もこのような指導をするの?と不信感が募ります。
面接官からの質問に自分の言葉で伝えられるのか、発言を理解しているのかということがチェックされます。これは履歴書や学校の成績だけではわからないことです。いくら業界研究をしてもすべて見透かされており、結局のところは会話のキャッチボールがなされているか、この部分が問われ、相手の質問を理解できるか、話を聞けるかが重要です。

育てたいと思わせる人であるかどうか

最初からその業界で働くための知識が身に付いている人はまずいません。アナウンサーなどの場合にはアナウンススクールなどで学ぶケースがほとんどですが、入社してから厳しい訓練を受けなければなりません。あくまで人柄や働く姿勢、気持ちの持ちようを評価されて、人材採用は行われます。勝手に育つことはなく、仕事を教えていく過程で成長していくことになり、育てたいと思わせる人かどうかがカギとなります。
育てたいと思わせる人の特徴は、パワーがある人や前向きである人、弱音を言わない人などで、面接では判断することができます。圧迫面接をしても、前向きな言葉が出続ける人などはまさに典型例です。この会社で育ちたい、そして引っ張っていきたいという言葉が浮かないほどの立ち居振る舞いが面接でできれば、確実に人材として認められます。