人材採用のポイントを徹底解説します

人材採用のポイントですが、職種によってさまざまですが共通して言えることは明るいことです。はきはきと受け答えができて面接官と息が合えば合格の可能性が高いはずです。新卒なら学歴や成績が左右します。まれに、独身女性だと自宅からの通勤可能者に限定している場合もあります。一人暮らしは生活が見えないところがありますので。あとは、その職種に合った資格を持っていたらなお良いと思います。営業なら車で出かけることが多いので普通自動車免許があるとか、貿易関係なら英検、TOFEL,TOEICが高得点であるなど、経理関係なら簿記ができるなど、工業系なら危険物などです。適性検査があればある程度成績の良い人となります。履歴書の字がきれいだと字は人柄を表しますから好印象です。

人材採用には健康状態も左右します

人材採用は先ほど述べた人柄や成績や資格の有無以外に健康状態も大きく左右します。例えば、工場なら20k近くの重たい荷物を運んだり持ち上げたりかなり重労働ですので足腰が丈夫な方を求めています。徐々に鍛えられればなお良いのですが、中には工場での作業が原因でヘルニアになり手術をするケースもあります。また、有害な化学物質や薬品を扱うこともありますので妊娠の可能性のある人には向いていません。また、そのような物質から発する悪い空気を吸うので気管支の弱い方は向いていません。もちろんマスクをして作業しますが100%カットはできません。視力の悪い方もコンタクトレンズを装着していて目に粉じんなどの危険なくずが入ったら結膜炎や充血などを起こします。ですから、健康状態が良好であることがポイントです。

働く気力があることが人材採用のポイント

上記に述べた内容以外で最も重要なポイントが働く気力のある人です。最近は生活水準の向上やゆとり世代のおかげで一昔前の様にがむしゃらに働く人が減っています。いじめられたり嫌なことがあっても普通はある程度耐えますが、きっぱりやめてしまいます。やめると収入がなくなりますが、生活に困らない証拠です。選り好みをしなければあちらこちらで社員アルバイトは随時募集をしていますし、金銭の援助をしてくれる人がそばにいるからだと思います。ご夫婦でも奥さんが働いていてある程度収入があればご主人は辞めてしまいます。生活に困らないからです。自分が一家を支えている気持ちがないのです。ですから、採用してもすぐ辞めてしまうように人の入れ替わりが激しく企業も困っていますので、誠意をもって働く気力のある人材が採用のポイントになります。