知らないと損な人材採用チェックポイント

人手不足によって企業の経営が危うくなり、バブル崩壊後には見られなかった人手不足を理由にした倒産が目立ち始めています。また賃金の値上げによって人材の確保の競争が激化していることがあり、人材確保も難しくなっています。そんな人手不足やそれに伴う採用難を脱却するために、人材採用のチェックポイントを押さえておくことが大切なのです。
求人を掲載するときには、どのような人材を募集するのかで媒体を決定します。今まではハローワークを利用して募集することがほとんどでしたが、現在では様々な方法があります。欲しい人材に合わせて選ぶことで、経費や時間の節約にも繋がります。人材採用のポイントとしては、応募者が企業のイメージを膨らませることが出来たり、
仕事内容や職場環境を簡単にイメージすることが出来る求人を心がけます。ある程度の具体的な内容や時間、給与などを記載して説得力のある求人広告にします

採用面接の準備の大切なポイントとは

比較的規模が小さな企業では経営者と社員の相性が重要になるので、必ず経営者が参加するようにします。人材採用の面接では経営者を中心に、担当者の役割分担を考えます。総務や人事の担当者がサブとして出席し、経営者のサポートを行うようにします。サポートメンバーは経営者と応募者のやりとりを観察して、客観的に応募者の人物像を探るようにします。
さらに新卒者や中途採用なのかを決めて、チェックポイントを絞っておくようにします。どちらにするのかは募集をしている時期の企業の状況や、それぞれのメリットを考慮して決めます。新卒者を採用するメリットは何もルールや決まり事を知らない可能性があるので、社員教育がしやすい点です。偏った考え方も持っていないので、社風に合わせて教育することが出来ます。反対に中途採用では即戦力となる人材を確保することができ、教育をする必要が無くなります。

採用面接でチェックするポイント

応募者は面接のときには必ず緊張しているので、本来の姿を見るためにもリラックスすることが出来るようにこちらから心を開いてあげるようにします。担当者は笑顔を心がけて、優しく話しかけるようにします。そうするときちんとしなければならないと必要以上のプレッシャーを自分にかけてしまっている応募者の気持ちもリラックスし、本来の姿を見せてくれます。担当者が経営者の場合でも偉そうな態度はせずに、応募者の目線に立って質問を投げかけるようにします。堅苦しい雰囲気にしないためにも時には話を脱線させて、会話を楽しむ場面を作ります。
面接後に検討を行うときには質疑応答の態度はもちろんのことですが、その人のイメージも考慮して審査をします。質疑応答の内容が完璧であってもイメージがあまり良いものではないと取引先や顧客に影響を与えるので、なるべくイメージが良い人物を採用します